蔵 王 ス キ ー 学 校 Ski & Snowboard
ホーム レッスン シーズンレッスン券・回数券 団体レッスン バッジテスト キャンプ お問い合わせ

  

2018/2019シーズンの開校は12月17日(月)です

 

スキー、スノーボードの研修生を募集しています
本気で滑りたい、上達したい人はお問い合わせのページから

レッスンのご案内
校長ごあいさつ
スタッフ紹介
ゲストアドバイザー
安全確保について
アクセス情報
掲示板
天気情報
リフト料金
蔵王温泉観光協会
 M E N U
蔵王ベースセンタージュピア
・お食事、レンタル、
リフト券の販売、お土産
スクール受付場所

 2018 S E A S O N

【 開講期間 】
2018/12月17日(月)  
    ↓
2019/3月31日(日) 予定 

自分に逢いに行きませんか?

そこにはどんなドラマが待っているのでしょう。白く輝く雪原、舞い降るパウダースノー。そしてかけがえのない仲間の雪まみれの笑顔。その胸躍る光景は、まさしく非日常の世界。感動の扉を開くのは、どこかに置き忘れていた幼き頃のあのココロ。

さあ還ろう。おてんば娘に!
わんぱく坊主に!


 レ ッ ス ン の ご 案 内
【  受付時間  】 午前  9:00 9:45  /  午後 12:30 13:15

【 レッスン時間 】 午前 10:0012:00  /  午後 13:3015:30

【  受付場所  】 『 蔵王ベースセンター ジュピア 』   3階受付カウンター『 スキー学校受付 』  

気軽にどなたでも現地で入校できる" 一般レッスン"からご予約制の"各種レッスン"までご用意いたしております。

各種修学旅行などの"団体レッスン"や"キャンプ"等もございます。

◎悪天候等により、休校となる場合 がございます。ご了承ください。

☆団体行動に支障があるとインスト ラクターが判断した場合
 一般レッスンの受講をお断りすることもございます。
 プライベートレッスンへのご入講をお願いいたします。

infomation
Zao-onsen is a very large ski resort.
Please confirm your hotel location and ensure it is whithin walking distance to the Zao skischool.
The Zao skischool is located whithin the Zao basecenter Jupeer.

There is a ski and snowboard rental shop in the same building.


 校 長 ご あ い さ つ

蔵王に来て、早20数余年。リフト1時間待ちの時代を経て、現在はあの頃の半分でしょうか。お陰様でリフトは乗り放題です。様々な物が溢れる飽和の時代。わざわざ寒い所に行かなくてもいいでしょう?

しかし吹雪の中、風雨の中「5メートル先も見えねべ!!」の中、多くのスキーヤー、スノーボーダーが滑り、転んでおります。何故か最高の笑顔で!

こんな時代だからこそ自分を解き放つ、非日常の世界が必要なのかも知れませんね。

たまには鼻の穴が凍り、すぐにお化粧が崩れる世界も悪くないかも!?
蔵王に来て最高の思い出を作ってくださいね!!


              堺 浩二

 

校長:堺 浩二

全日本スキー連盟(SAJ)ステージV公認スキー指導員

全日本スキー連盟A級検定員

全日本スキー連盟(SAJ)技術員

全日本スキー技術選手権大会出場多数

提携メーカー

 

 


 ゲスト アドバイザー
佐藤 俊彦  → 『 元蔵王スキー学校校長 』
庄司 昭蔵  → 『 元蔵王スキー学校校長 』
岡崎 良治  → 『 元蔵王スキー学校校長 』
小笠原俊行  → 『 前蔵王スキー学校校長 』
峯田 武興  → 『 医師 前山形市立病院済生館館長 』
 ス タ ッ フ 紹 介
蔵王スキー学校  校長:堺 浩二

 加瀬 礼子 渡辺 賢一 高橋喜久雄 武田  忠
 松田 哲夫 安達 光好 山口 勝美 逸見 正利
柳橋 泰久 落合 寛通 三部 葵 武田 広 
 峯田 広幸 清野 哲利 三部 幸樹 高柳 和幸
 山川 順子 斉藤 和巳 小川 一喜 内藤 真弓
  他にもたくさんいます

NTTスキークラブ・六華スキークラブ・山形スキークラブ
寒河江スキークラブ・信金スキークラブ、
各クラブの皆さんにもご協力をいただいています。
他にも、もっと大勢の方々にご協力いただいています。


 安 全 確 保 に つ い て
ス キー・スノーボードは楽しいスポーツです。
しかし、少しの不注意で重大な事故や障害をまねくことがあります。 滑る前には準備運動をする。コースの合流地点や混雑時には、充分に減速する。 コースの流れをさえぎらない。技術に不安がある人は、レベルを超えた斜面に行かない。 進入禁止の場所には入らない。これは、ごくあたりまえのことです。 みんなでマナーを守ってスノーライフを楽しみましょう。
 更 新 情 報

2018/11/05 更新作業中